1.基本姿勢

当社は、人々から信頼される企業としてあり続けるために、公正性、公平性に留意し、適時、適切な

情報開示に努めます。

 

 また、株主・投資家をはじめとするステークホルダーとの活発なコミュニケーションを図り、企業価値の

 向上に役立てます。その中で、

   a.社会的責任(説明責任)としての情報開示

   b.企業価値を毀損しないためのコミュニケーション

   を心掛けます。

2.情報開示の基準

会社法、金融商品取引法等の法令(以下「法令」という)、および、東京証券取引所の定める適時開示に

関する規則(以下「開示規則」という)に従い、情報開示を行います。

 

        また、法令および開示規則に基づくもののほか、当社グループへの理解を深めていただく上で有用と

        考えられる情報や、ステークホルダーに影響を及ぼしうる情報についても、積極的な開示を行います。

 

3.情報開示の方法

金融商品取引法に基づく開示書類は、金融庁が提供するEDINETにより、また、開示規則に基づく情報は、東京証券取引所が提供するTDnetにより、開示します。これらの情報は、当社ウェブサイトにも速やかに

掲載します。

 

        また、その他の情報についても、フェア・ディスクロージャー・ルールの趣旨を踏まえ、当社ウェブサイトへの

        掲載等により、出来る限り公平かつ広範な情報開示を行います。

 

4.沈黙期間

当社は決算(四半期決算含む)情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期末日の翌日から決算

発表日までを沈黙期間とします。この期間は、決算・業績見通しに関するコメント、質問への回答を控えます。

ただし、沈黙期間であっても、すでに公表されている情報に関する照会等については、この限りではありません。

5.インサイダー取引の未然防止

          開示規則に定められた重要情報は、当該情報がTDnetにより開示されるまで、同情報をインサイダー情報

          として厳重に管理します。また、同情報が開示された後は、速やかに当社ウェブサイトにも掲載します。