企業情報について

  • 会社の歴史について教えてください。

    当社は、1 8 8 2 年に繊維会社として発足しました。『順理則裕』の企業理念のもと、3 0 年を

    超える歴史の中で、常に時代に適応すべく、事業内容を変えながら発展してまいりました。

    現在、「重合・変性」「加工」「バイオ」のコア技術をベースに、多彩な技術を蓄積し、フィルム、機能樹脂、高機能材、機能膜、バイオなど幅広い事業を手がける「高機能製品メーカー」に大きく変化、成長を遂げています。

    今後は、「環境、ヘルスケア、高機能で、社会に貢献する価値を、創りつづけるカテゴリー・リーダー」をめざし、成長力と安定性を兼ね備えた「強い東洋紡」を築いてまいります。また、事業環境の変化に応じ、不断の事業ポートフォリオ改革を進めるとともにグローバルでの事業拡大を図り、新たな成長ステージに向かって挑戦しつづけます。


    沿革はこちら

  • 企業理念を教えてください。

    当社は、「日本の近代産業の父」と呼ばれる実業家・渋沢栄一の尽力によって誕生しました。渋沢が座右の銘とした「順理則裕」(理に順えばすなわち裕かなり)が、当社企業理念の一つとなっています。これは中国宋代の代表的学者・程頤(ていい)の言葉で、“道理に従うことが繁栄につながる”を意味します。 創業から約130年。紡績会社として始まり、高機能製品メーカーへと変貌を遂げた現在に至るまで、当社の経営のバックボーンには、この理念が脈々と息づいています。 

  • 社会的責任に関する考え方を教えてください。

    企業価値は、経済価値だけではなく、ステークホルダーとの信頼関係、社会における信用など社会的価値をも含んで測られるものです。企業とは、事業活動と一体となったCSR活動を進めることにより社会から信用、評価され、ひいては総合的な企業価値を高めることにつながるものと信じています。

     

    CSR報告書「社長メッセージ」はこちら

  • コーポレート・ガバナンスに関する考え方を教えてください。

    当社は、持続的な企業価値の向上のため、「意思決定の迅速性と的確性の確保」「経営の透明性の確保」「公正性の重視」の考え方に立って「グループガバナンスの強化」および「リスクマネジメントとコンプライアンス体制の強化」に取り組んでいます。

     

    コーポレート・ガバナンスはこちら

財務・業績について

株式・配当について